アクセス 国際感染症センター

デング熱

どんな病気?

病気の原因は「デングウイルス」です.

蚊にさされてなりますが、さされたことを覚えていない方もいます。

血液の中でウイルスが増えているときに熱が出ます。その患者さんを刺した蚊が原因です。
※このため体調がわるいときに「蚊にさされないようにする」ことも大切です

水分をとれない・熱が続く・頭が痛い・出血しやすい状態の方 には入院をおすすめしています。

どんな症状?いつごろ治るの?

もっとも多い症状は「高熱」で、4~5日間続くことがあります。その後2~3日で下がります。

高熱以外では、頭痛、目の奥の痛み、などの症状を経験する人がいます。これらは自然に治ります。

外来の診療で問題ない人もいますが、入院をおすすめする場合もあります。

熱がさがり、回復した後も、「だるさ」 などの症状が数週間続く人がいます。

診察後、自宅に帰る場合の注意点

外来のときは元気でも、自宅にもどってからだんだん体調が悪くなる場合があります。

つらい症状はがまんせず、いつでも受診をしてください.(夜間や週末は救急外来)。

入院をせずに様子を見るために、外来でまめに血液検査をすることが必要です。医師と確認しましょう。

発熱などの症状がある期間は自宅で安静にし、大勢の人がいる場所への外出は避けましょう。

自宅では水分を十分とるようにしてください。

解熱剤(ねつさまし)を使うときは"アセトアミノフェン"(タイレノール、カロナールなど)を選んでください。
※飲んではいけないくすり:ロキソニン、バファリン、ボルタレン、ブルフェンなど

次のような症状の場合はすぐに受診をしましょう。まずは電話を

水分をとることがむずかしい。

鼻血、歯ぐきの出血、便に血がまじる、生理の出血が止まらない、腹痛、 たちくらみ、内出血。

熱はさがってきたが、息(呼吸)が苦しい。

デング熱

ファクトシート ダウンロード

重要なお知らせ

2019年7月現在、コンゴ民主共和国でエボラ出血熱がアウトブレイクしています。国際感染症センターはエボラ出血熱 2019(コンゴ民主共和国)に関するファクトシートを作成しました。

ダウンロードはこちら

これまでの実績

2018年2月
タイ帰国後の重症肺炎、マラリア、メリオイドーシス疑い
2018年2月
PPE着脱の指導
2018年2月
コンゴ民帰国後の発熱、マラリア検査希望
ページのトップへ戻る