アクセス 国際感染症センター

映像資料

重症化する感染症とその対応~MERSコロナウイルス感染症を中心に~:感染症対策・治療について

第4回区民医療公開講座「デング熱とエボラ出血熱について知ろう!」

平成27年5月16日(土)に開催された第4回区民医療公開講座「デング熱など蚊が媒介する感染症とエボラ出血熱について知ろう!」の講演内容です。昨年は、今まで馴染みのなかったデング熱が日本国内で発生し、エボラ出血熱が西アフリカで流行するなど、感染症が大きな関心事となりました。本講座では、感染症の正しい知識をわかりやすく説明し、感染症の予防や対策を紹介しています。

講演内容

「デング熱などの蚊が媒介する感染症について」 
  竹下 望(国立国際医療研究センター病院国際感染症センター)
「エボラ出血熱の現状と日本での対処法」
  大曲 貴夫(国立国際医療研究センター病院国際感染症センター長)

重要なお知らせ

関東地方を中心に風疹が流行しています。啓発用ポスターをご用意しましたので、こちらのページからダウンロードしてご活用ください。

ダウンロードはこちら

これまでの実績

2018年2月
タイ帰国後の重症肺炎、マラリア、メリオイドーシス疑い
2018年2月
PPE着脱の指導
2018年2月
コンゴ民帰国後の発熱、マラリア検査希望
ページのトップへ戻る